サラサリス 効果的な使い方

サラサリスの効果的な使い方【正しく使えてますか?】

サラサリス 効果的な使い方

 

サラサリスをすでに購入して使っている人はどんな使い方をしていますか?

 

これから購入を考えている人はサラサリスのより効果的な使い方を知っておくと、ますます興味が出てくるかもしれません。

 

ここではサラサリスの効果を最大限発揮できるように、効果的な使い方についてみていきたいと思います。

 

効果的な使い方を確認して、よりコスパを高めていきましょう!

 

公式サイトに記載されている使い方

 

公式サイトにはサラサリスの使い方について、どのように記載されているかというと、次のようになっています。

 

@ ムダ毛を自己処理した後の肌にふきかける
A サラサリスをなじませるように肌に塗りこむ
B 全身の気になるところに仕える

 

使い方については、この程度のごく簡単な説明しかありません。

 

これでもサラサリスの効果を実感することはできると思うのですが、どうせならより効果的な使い方をしたいですよね。

 

サラサリスの効果的な使い方

 

一般的な化粧水の使い方として氾濫している情報として、手のひらでつけるのか、コットンでつけるのかということがありますね。

 

これ、どちらがいいと思いますか?

 

いくら肌によい化粧水を使っていても、間違った使い方をしていると、十分に効果を引き出すことはできません。

 

これについてはサイトによって記載されている情報が異なるので、ホントはどっちなの?と思う人も多いでしょう。

 

有力な意見としては、コットンを使うと肌に傷をつけるというものがあります。

 

化粧水をコットンでつけて「シミが残りやすくなった」「肌が赤くなった」という経験をした人もいるようです。

 

著名な美容研究家のサイトをいくつか調べていくと、どうやら「手のひらでつける」派が多いような印象です。

 

ただし、手のひらでつける場合にもコツがあります。

 

そのコツとは

 

@ 手のひらを温めておくこと
A やさしくプレスすること

 

この2点です。

 

夏は問題ないと思いますが、冬に化粧水をつける場合は、手のひらを温めておくことが大切です。

 

冷たい手のひらで化粧水をつけても肌へなじみにくく、浸透率が低下するんですね。

 

なので、冬に手が冷たいなと思うときはお湯で手のひらを温めてから化粧水を使うというのが効果的な使い方になります。

 

そして化粧水をつけるとき、手のひらでパチパチと叩く人がいるかもしれませんが、これも実はよくありません。

 

化粧水をつけた場所をやさしく手のひらで覆い、軽くプレスした状態をしばらく維持すること。

 

こうすることによって肌を刺激することなく、化粧水をなじませることができます。

 

サラサリスも同じです。公式サイトにはスプレータイプなので、自己処理後の肌に吹きかけてくださいとあるのですが、一度手のひらにとってから肌につけるほうがより効果的な使い方なんじゃないかなと思います。

 

そしてひざ下ならひざ下の部分、あご周りならあご周りを手のひらで軽くプレスしてあげるのです。

 

こうすることによって、よりサラサリスの成分が肌になじみやすくなり、効果的な使い方と言えるでしょう。

 

でも、一番大切なのは、継続して使うことです。どんなに効果的な使い方だったとしても1週間や2週間では効果を感じられないでしょう。

 

正しい使い方で、3〜5か月継続して使うというのが、サラサリスの最も効果的な使い方かもしれませんね。

 

>>サラサリスの詳細はこちら