サラサリス 副作用

口コミや成分をチェックした結果【副作用が危険!?】

サラサリス 副作用

 

ムダ毛対策用の無添加化粧水として人気急上昇中のサラサリスですが、副作用はないのでしょうか?

 

効果が高いということは「副作用があるんじゃないの?」と不安になる人がいるかもしれません。

 

サラサリスは無添加にこだわって開発された化粧水ですが、実際のところ副作用的な症状を感じた人はいるのでしょうか?

 

無添加化粧水サラサリスの口コミをチェックして、さらに配合されている成分を徹底調査して、サラサリスに副作用があるのかどうかを納得いくまで調べました。

 

副作用が心配でサラサリスの購入を迷っているという人はぜひ参考にしてください。

 

サラサリスのこだわり

 

サラサリスは無添加にこだわって開発されたムダ毛対策化粧水です。

 

無添加というのは何が無添加かというと

 

合成香料、石油系界面活性剤、エタノール、着色料、鉱物油、防腐剤が無添加ということです。

 

これらの成分が配合されているとどうなると思いますか?

 

ひどい場合、経皮毒を起こす可能性があるのです。

 

経皮毒とは、私たちの皮膚や粘膜から、体に害のある化学物質が吸収されることを言います。

 

有害な食べ物を口にした場合は、その危険がすぐにわかりますが、経皮毒は何年もかけて蓄積されていくところが恐ろしいのです。

 

数週間、数ヶ月の使用では肌の危険性に気付かないんですね。

 

このところ、アラフォーになって花粉症やアトピーを発症したという事例が増えているのも経費毒が関係していると言われています。

 

体内に蓄積した経皮毒の影響で、免疫機能が低下したのが原因ではないかともいわれているのです。

 

経皮毒から肌を守るには、毎日使用するコスメの成分をチェックし、有害な化学物質が配合されていないかを確認することは必須です。

 

例えば、合成界面活性剤が使われているものを使い続けるとどうなるでしょう?

 

界面活性剤は、皮脂の膜を壊し、皮膚を保護するバリアーの役割を持つ角質層の細胞を殺し、肌荒れ、乾燥肌を引き起こす原因になるのです。

 

またプチプラコスメの中には防腐剤が入っているコスメもありますが、防腐剤の代表であるパラベンにも副作用があります。

 

パラベンを塗布した皮膚細胞に紫外線を照射すると、皮膚の老化が早まることが確認されています。

 

このように、普段何気なく使っているコスメの配合成分の中には、経皮毒を引き起こす危険な成分が配合されているものもあるのです。

 

自分の肌を守るためには、危険が成分が配合されていないか必ずチェックする習慣をつけましょう。

 

その点、サラサリスの場合は無添加にこだわっているので、経皮毒のような副作用を引き起こす危険性は考えにくいです。

 

ただ、サラサリスの口コミをチェックしていくと、「自分の肌には合わなくてピリピリした」というものもあります。

 

どんなに良い成分を使っている商品でもすべての人に合うわけではありませんからね。

 

サラサリスを使う場合も、敏感肌、乾燥肌の人は特に、事前にパッチテストを行ってから使用したほうがよさそうです。

 

もし使ってみて、自分の肌には合わないとなれば、サラサリスには30日間の全額返金保証があるので、安心してお試しできますよ。

 

>>サラサリスの詳細はこちら